ネバーランド(2004)




「ピータパン」
ディズニーのアニメ版は誰でも知っているくらい有名ですし
実写でも何本も映画化されていますね

この作品ではジョニー・デップが主役なのは「・・・カリビアン」繋がり
そんなファンサービスなのでしょうか

偉大な童話でもあるにかかわらず、意外にも原作者である
私はよく知りませんでした
でも、本人も永遠の少年のような人だったのではないかと思います

作中では、主人公が世間から少年への嗜好があるのかと疑われ
もちろん本人は否定しますが
そう思われても、それは仕方がないかも知れません
公園でよく男の子を見つめていたのは事実ということ

夫婦には子どもはなく、奥さんが浮気をしても気にしない
親しくなった未亡人とは完全なるプラトニック
その4人の子どもたちと、自分も子どものように遊び
とくにピーターというちょっと反抗的で卑屈な男の子には
自分の少年時代と照らし合わせ、共感していきます

そして、ピーターを主人公に劇作をし
それは大成功を収めます

作品ではどこまでが実話で
どこまでが脚色されているかわかりませんが
夫人に対する愛情は、主人公にとって
母親を思うような気持ではなかったのかと想像します
彼なりに自分の失われた子ども時代を取り戻していたのです

ジェームズ・バリーはその後離婚をし
亡くなった夫人の子どものうち
ふたりを養子にし、他の兄弟たちも誠実に育てたそうです

そして、ピーターパンから生じる利益はロンドンの小児病院に寄付
ここから基金が発し、日本でも
「ピーターパンこども基金」が設立されたということ

ジェームズ・バリーの「すべての子どもが育つこと」という意思が
現在でも引き継がれていることは素晴らしいことですね

作品のほうは、俳優や子役の演技も良く
無難で安定した出来栄えだと思います

愛犬とのダンスと
劇を見るときの子どもたちの無邪気な顔はよかったですね



【解説】allcinemaより
永遠の名作“ピーター・パン”誕生にまつわる真実の物語を描いた感動のヒューマン・ストーリー。父を亡くし心を閉ざした一人の少年と劇作家ジェームズ・バリとの心の触れ合いと、2人の交流が新作劇“ピーター・パン”へと結実していく過程を、事実をベースに、繊細かつハートフルに綴る。主演は「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジョニー・デップ。監督は「チョコレート」のマーク・フォースター
 1903年のロンドン。新作『リトル・メアリー』の不評で気落ちしていたジェームズ・バリは、散歩に向かった公園で若い未亡人のシルヴィアとその4人の幼い息子たちと出会う。少年たちとすぐに打ち解けていくジェームズは、中でもどこか冷めた物言いで少年らしさの見られない三男のピーターを気に掛けるようになる。やがてジェームズとシルヴィア親子との交友が深まっていく一方、ジェームズの妻メアリーは疎外感を強め、夫婦の仲は悪化していく。そんな中、早く大人になろうと無理をしているピーターに、次第に自分の少年時代を重ねて見るようになったジェームズは、その思いを新作劇に投影していく。