シンデレラ(2021)

f:id:burizitto:20210919195255j:plain

100万分の1の確率なら 私がその1人になる」

原題も「Cinderella

これはご機嫌ミュージカル

 

私たちの知っているシンデレラといえば

意地悪な継母と姉たち、魔法使いのおばあさん

かぼちゃの馬車、階段に忘れたガラスの靴

スタンダードナンバーは「夢はひそかに」と

「ビビディ・バビディ・ブー」

f:id:burizitto:20210919195305j:plain

そんなのもう古い(笑)

 

エラ(シンデレラ)はドレスデザイナーを目指すお転婆

王子様は政策なし、国民からの信用なし、のチャラ男

一方王女様は環境活動家←でも空気読めない(笑)

パワフルに歌われるミュージカルシーンは

QUEEN、マドンナ、エド・シーランの名曲カバー

f:id:burizitto:20210919195320j:plain

テーマは「ヘアスプレー」(2007)と同じで

人を見た目で判断するのは間違い

地位や、性別や、LGBTであることも関係ない

大切なのはありのままでいること

自分が自分らしく生きること

f:id:burizitto:20210919195346j:plain

しかもハリウッドのポリコレ(political correctness)化に見られる

暗さや重さがない

ディズニーのような道徳の押し売りや説教臭さ(褒めています)もない

最初から最後まで、明るくて前向き

お下品にならないギリギリの毒さ加減丁度いい(前の尻尾とか 笑)

 

本当の悪役はいなくて

継母娘たちにお金の苦労をさせたくなかっただけ

裕福な家庭に嫁ぐことが女としての幸せだと信じている

王様だって、王子を大国の姫と結婚させて領土を広げたいのは

国と国民を守りたいと思う気持ちから

f:id:burizitto:20210919195400j:plain

だけど、そんなのもう古い(笑)

 

時代はとっくに変わっている

何が本当の幸せか、挑戦してみなきゃわからない

未来は未知、可能性は無限大

失敗したってかまわない

人生は何度だって、やり直せるのだから

f:id:burizitto:20210919195412j:plain

エラの強い思いに、王子も王様も継母も変わっていく

エラにフラれたトーマスはお気の毒

私的にはトーマスにも幸せになって欲しかったな

相手は姉(デブのほう)でいいから(笑)

f:id:burizitto:20210919195433j:plain

とにかく目で楽しみ、耳で楽し

ワクワクできて、元気になれる

頭なんか使わなくていい(使っちゃいけない)

これがミュージカルだよ

f:id:burizitto:20210919195454j:plain

しかもアマプラだ(笑)

おうちでお菓子食べながら、気楽にどうぞ

 

 

 

【解説】映画.COMより

ピッチ・パーフェクト」のケイ・キャノンが監督・脚本を手がけ、おとぎ話として誰もが知るシンデレラの物語を、1980年代から現代までの世界的大ヒットポップソングで彩りながら、新たに描いたミュージカル。米ガールズグループ「フィフス・ハーモニー」の元メンバーで、グループ脱退後にはソロアーティストとして躍進し、グラミー賞にもノミネートされたシンガーソングライターのカミラ・カベロが主演。真実の愛を求めるだけでなく、自分の夢を実現させるために邁進する新たなシンデレラ像を体現した。継母役を「アナと雪の女王」のイディナ・メンゼル、国王役をピアース・ブロスナン、女王役をミニー・ドライバー、王子役を「ハートビート」のニコラス・ガリツィンが演じる。Amazon Prime Video202193日から配信。

川喜多映画記念館「映画祭のすゝめ~ぐるり映画ポスターの旅~」

f:id:burizitto:20210901191424j:plain

ブログではあまり紹介していないんですけど

実は私「御朱印ガール」でもあります

(ガールという年でもねえがな)

f:id:burizitto:20210901191434j:plain

828日は「天赦日」

鎌倉駅鶴岡八幡宮」から「鎌倉大仏」「長谷寺」のある

長谷駅まで(しかも歩いて 笑)向かう途中

閑静な住宅街にミニシアターを発見

f:id:burizitto:20210901191501j:plain

こんなところに映画館があるんですねえ

入り口には「映画祭のすゝめ~ぐるり映画ポスターの旅~」

企画展は200円で見学できるということ

(映画鑑賞券には展示料も含まれるそうです)

映画を見る時間はないけど、この日も気温は35度近く

ちょっと涼しむのにはいいかも

f:id:burizitto:20210901191525j:plain

川喜多長政氏、かしこ夫人の馴れ初めから

外国映画の輸入、配給、国際映画祭での重要な役割が紹介され

このご夫妻が居なかったら、世界の「クロサワ」も「ミゾグチ」も

誕生しなかったかもしれないのです

私、そんなことも今まで知りませんでした

f:id:burizitto:20210901191538j:plain

展示は主に「カンヌ」「ベネチア」「モスクワ」

そして「東京」などで開催された国際映画祭のポスター

映画祭に参加した著名人たちのコメントや逸話

その他スターたちのサイン入りのポラロイド写真など

映画マニアなら楽しくて何時間でも見ていれそう(笑)

f:id:burizitto:20210901191614j:plain

鎌倉はパワースポットだけじゃない

映画の街であることも発見しました

f:id:burizitto:20210901191633j:plain

そしてこの後私は、いくつかの名所を経て

ハイキングコースとは名ばかり

まさかの難所に向かうのでした(笑)

f:id:burizitto:20210901191655j:plain

f:id:burizitto:20210901191705j:plain

f:id:burizitto:20210901191718j:plain

f:id:burizitto:20210901191729j:plain

 

バッドボーイズ(1995)

f:id:burizitto:20210825201324j:plain

原題も「BAD BOYS

ストーリー的に語るものは何もないんですけど(笑)

ミュージックビデオ出身のマイケル・ベイらしいスタイリッシュな映像や

銃撃戦やカーチェイスで見せるスピーディで緊張感あるアクションは

セクシーで、ノリノリで、カッコイイ


第一次MTV世代なので(トシがバレルよ 笑)

こういう露骨なカッコつけは大好き

ばかばかしさ加減も程よく楽しめました

f:id:burizitto:20210825201337j:plain
マイアミ市警に保管されていた押収ヘロイン(1億ドル相当)が何者かに盗まれ

麻薬特捜班のハワード警部(ジョー・パントリアーノ)は

事件がマスコミに漏れたら我々はクビ

FBIが捜査に乗り出す前(72時間以内)に犯人を見つけるよう

金持ちでプレイボーイのマイク(ウィル・スミス)と

マイクの相棒で家庭思いのマーカス(マーティン・ローレンス)に命じます

f:id:burizitto:20210825201349j:plain
マイクは自分に惚れているとわかってる、高級コールガールのマックスに

最近金回りのいい男がいたら教えてくれと情報提供を以来します

すぐにマックスにヘロインパーティの仕事が入り

ルームメイトのジュリー(テア・レオーニ)とホテルに向かうと


ジュリーがトイレに行っている間、男の仲間がやって来て

男もマックスも殺されてしまいます

f:id:burizitto:20210825201411j:plain
ホテルから逃げ出したジュリーは警察に電話し

マイクでなければ何も話さないと伝えます

しかし捜査に出かけてマイクはいない

警部はマーカスに、マイクのふりをするように命令し

その日からマーカスはマイクに成りすまし

マイクの高級マンションにジュリーを匿うことになり

一方のマイクはマーカスの家で

マーカスの家族と一緒に暮らすことになります

f:id:burizitto:20210825201423j:plain

そんな中、マックスの雇い主のマダム

ヘロインの保管庫を設計した設計士

退職警官の爆死事故と、次々と関係者が殺されていきますが

f:id:burizitto:20210825201444j:plain
マーカスにとっていちばんの心配は

愛する奥さんが、金持ちでイケメンのマイクと

浮気するんじゃないかということ(笑)

f:id:burizitto:20210825201504p:plain
一方の奥さんも旦那が出張だと言っていたのが嘘だとわかり乗り込んでくる

そこにジュリーを見つけたフーシェチェッキー・カリョ)の一味が

やってきてジュリーを誘拐

ここからクライマックスの倉庫の銃撃戦までグイグイ引っ張る

f:id:burizitto:20210825201524j:plain
少年ジャンプの漫画みたいに、リアリティない展開なんだけど(笑)

ツッコむ隙がないくらいテンポがいい

今でも多くのファンに支持され、人気があるのもわかります

(残念なのはヒロインに魅力を感じなかったこと)

f:id:burizitto:20210825201538j:plain
ラストはマーカスが運転するマイクの「ポルシェ911ターボ3.6 」と

フーシェの「シェルビーコブラ427」との高級車同士のチキンレース

チェッキー・カリョはかっこええなあ)

車好きにとっても見ごたえのあるシーンではないでしょうか

f:id:burizitto:20210825201551j:plain

これはぜひ、若い世代(特に男子)にも見てほしい

チャーリーズ・エンジェルじゃない」

「アイルビーバック」

判らないネタは、お母さんかお父さんに聞いてね(笑)




【解説】allcinema より

2人の黒人刑事コンビが繰り広げるアクション・ムービー。犯罪都市マイアミ。ある夜、市警始まって以来の大胆不敵な窃盗事件が発生した。警察内部に保管してあった1億ドル相当の押収ヘロインが跡形もなく消失したのだ。内部調査班が動きだし外部に洩れる前の解決が至上命題となった為、猶予は72時間しかない。麻薬調査班を率いるハワード警部は、この任をマーカス&マイクのコンビに命ずる。このストーリーからして全くありがちなものを想像しがちだが、どうして、マイアミの開放的な風景をバックに展開される、テンポのいいストーリー、主人公2人のイキな会話、ノリのいい音楽に笑いをミックスさせ、このテの映画にしては新鮮で、胸踊る様なアクション娯楽作品に仕上がっている。

ピーターラビット(2018)

f:id:burizitto:20210822203031j:plain

原題も「PETER RABBIT

私のような毒女が、自分から選ぶような作品ではありませんが(笑)

同じソニー・ピクチャーズ・アニメーション制作の

スパイダーマン: スパイダーバース 」(2018)が傑作だったので鑑賞


ポターの絵本を読んだことのない人でも

キューピーのCMや、ウエッジウッドの食器などでお馴染み

その世界観や愛らしいキャラクターのファンも多いと思いますが

f:id:burizitto:20210822203045j:plain
これはヒドイ(褒めています)

いい意味で裏切られました

「テッド」(2012)のように下ネタのオンパレードじゃない

ギャグ加減は私的なツボにハマりましたし

うさぎたちの敵に対する野生の本能(かなりワル)丸出しの時と

飼い主(ここではビア)だけに見せる甘えた顔の使い分けの巧さ

f:id:burizitto:20210822203058j:plain
トイレの水を飲む男で登場のトーマス

ハロッズベアへの容赦ない攻撃

ハロッズもよく協力したな 笑)

うさぎたちとトーマスの、殺しをかけた派手な戦い

 

好きなシーンは道路に出た鹿が

「ヘッドライト ヘッドライト」と呟くところ

これ田舎に住んだことのある人なら経験あると思うけど

野生動物って本当に車の前で立ち止まりまるんですね

そこに「ヘッドライト」というセリフを思いついたのが素晴らしい

f:id:burizitto:20210822203111j:plain
舞台はイギリスの湖水地方

ピーターと、三つ子の妹(ジャケットの色)

フロプシー()、モプシー()、カトンテール()

いとこのベンジャミン(茶)は

マクレガーさんの畑から野菜を盗むのが日課

マクレガーさんのほうも、うさぎ退治が日課

f:id:burizitto:20210822203136j:plain
しかしピーターとの戦いの末(本当の原因は高年齢と食生活)

マクレガーさんが心臓発作で死んでしまいます

ピーターら野生動物たちはマクレガーさんの畑と屋敷を占領

パリピ(パーティ・ピープル)と化して楽しんだのもつかの間

ハロッズをクビになり、マクレガーさんの土地と屋敷を相続した

甥っ子トーマスがやって来ます

f:id:burizitto:20210822203157j:plain
彼は超潔癖症のこだわりクンで

何かの拍子でうまくいかないことがあると、キレてしまう

畑を荒らすピーターたちを害獣だと、追い出す決意をします

お隣に住むビアは、湖水地方とそこに住む動物たちを

こよなく愛する画家で「うさぎとなかよくしてね」のお願いを込めて

トーマスにプレゼントの双眼鏡を持って引っ越しの挨拶に行くと

意外にもビアはトーマスと意気投合

しかもだんだんと恋人のように親しくなっていく

f:id:burizitto:20210822203226j:plain
ビアのことが大好きなピーターの

トーマスへの嫌がらせは激しくなっていきます

トーマスのほうも罠を仕掛け、電気の柵を張り巡らせ

あらゆる駆除対策をするのは、リアル農家VS野生動物との知恵比べ

だけどピーターのほうが上手でトーマスはやられっぱなし

ピーターをやっつけるためトーマスは

大量のダイナマイトまで仕掛けることになります

(イギリスには、うさぎ用ダイナマイトがある?)

f:id:burizitto:20210822203253j:plain
ブラックベリーのアレルギーについての描かれ方はかなり批判され

ソニーも謝罪したそうですが

だからといって該当シーンをカットすることなく

オリジナルのクオリティを尊重するのは

批判や不祥事があれば、なんでもかんでもカットする

日本と意識の違うところ


ピーターはビアにトーマスのうさぎ嫌いをわかってもらおうと

自らダイナマイトのスイッチを押します

しかし爆発はピーターたちの家を破壊し、倒木はビアのアトリエを直撃

ビアの書いた大切な絵までダメにしてしまいます

f:id:burizitto:20210822203313j:plain
ビアはトーマスの言い訳も聞かず、彼を激しく罵り

トーマスはロンドンに戻り、ビアも湖水地方を去る決意をします


ほんの悪ふざけのつもりだったのに

ビアの愛情を取り戻したかっただけなのに

f:id:burizitto:20210822203335j:plain

今の自分があるのは、ベンジャミンや妹たちのおかげなのに

忠告も聞かず暴走して、みんなを巻き込んでしまった

そのときピーターははじめて

自分のやり方が間違っていたことに気付きます


そしてどうにかトーマスをロンドンから呼び寄せ

ビアを引き留める作戦を立てるのです

ロンドンは案内役のネズミまで紳士(笑)

f:id:burizitto:20210822203406j:plain
しかしハロッズに再就職したトーマスは、ピーターと再会して再びパニック

しかも今度はうさぎ様と会話まで成立

ついに自分は狂ってしまったのか・・

ハロッズもよく協力したな、その2 笑)


主演のドーナル・グリーソンは、ここまでバカやっても上品さが残っていて

この先いい役に恵まれればブレイクするかもしれない予感

f:id:burizitto:20210822203426j:plain
ピーターはどうにかトーマスを説得し連れ戻し

(内ポケットがあるんだね)上着から取り出したスイッチをビアに見せ

ダイナマイトを爆発させたのはトーマスでないことを知らせ

和解するのに成功させます


そこにトーマスの屋敷を購入した夫婦がやって来てしまい

ピーターたち野生動物は集合しまたもやパリピ化(笑)

屋敷と畑を荒し、夫婦を追い出すのでした

f:id:burizitto:20210822203511j:plain

トーマスは村で念願のおもちゃ屋を開店

そのなかでも、ビアの書いたうさぎのイラストは注目され

彼女は絵本作りをはじめることになります


実写とCGとイラストの違いの

使い方や繋ぎ方にも違和感を感じることなく

最後までテンポよく楽しい

f:id:burizitto:20210822203528j:plain
破壊無くして、新しいものは作れない

ファンタジーの世界に、リアリティをぶち込み

名高い世界の名作をギャグにしてまう勇気

 

ディズニー(ピクサー)も、ジブリも飽きた

エヴァンゲリオン」新劇場版も完結を迎えた

これからの新しいアニメの世界は、ソニーが築いてくれるのかも知れない

そう期待してしまいます




【解説】allcinema より

 ビアトリクス・ポターの名作絵本をCGと実写で映画化したコメディ・アドベンチャー。イギリスの美しい湖水地方の田舎町を舞台に、画家のビアや仲間たちと楽しい毎日を送るウサギのピーターが、都会からやって来た神経質な青年トーマスと、自分たちの快適な生活を守るべく熾烈な攻防を繰り広げるさまとを、ビアとトーマスの恋の行方とともにコミカルに描く。出演はローズ・バーンとドーナル・グリーソン、声の出演でジェームズ・コーデン、マーゴット・ロビーデイジー・リドリー。監督は「小悪魔はなぜモテる?!」「ANNIE/アニー」のウィル・グラック
 ピーターはイタズラ好きの陽気なウサギ。美しい自然の中、仲間たちや心優しい画家のビアに囲まれ幸せな日々を送っていた。そんなある日、大都会ロンドンから青年トーマスが引っ越してくる。潔癖症で動物嫌いの彼は、さっそくピーターたちを追い払いにかかる一方、美しいビアに一目ぼれ。彼女の前では仲の良いふりをしながら、互いの意地とプライドをかけた壮絶なバトルを展開していくピーターとトーマスだったが…。

ジョーカー(2019)

f:id:burizitto:20210817214014j:plain

このレビューは

この作品のファンのみなさま

および高評価をしている方は

私個人の意見のせいで、場合によっては気分を害するかも知れないので

決して読まないでください

 

原題も「JOKER

ヴェネツィア映画祭で金獅子賞

ホアキン・フェニックスはアカデミー主演男優賞受賞

ずいぶん話題にもなりました

f:id:burizitto:20210817214033j:plain
が、前評判がよくあまりにも期待しすぎたせいか

私の評価は「普通」

ホアキン・フェニックスアカデミー賞

とっくに取っていていい俳優だったのでむしろあたりまえ

(今まで受賞していなかったほうが不思議)

f:id:burizitto:20210817214105j:plain
重い、苦しい、鬱になる・・という批評も

北欧や東欧映画に比べたら、普通にエンタメ

ピエロというキャラクターもジョン・ゲイシーをモデルにした

IT(1990)などの作品に使い古されていているのでインパクトが弱いし

時計じかけのオレンジ(1971)や「悪魔のいけにえ(1974)

はじめて見た時のような暴力に対する衝撃もない

f:id:burizitto:20210817214118j:plain
しかもDCコミックスをはじめ、「バットマン」シリーズの「ジョーカー」と

映画、ドラマ、いずれとも世界観を共有しない

完全に独立したキャラクターとして誕生させたというなら

ブルース・ウェイン(バッドマン)の子ども時代なんか登場させるなよ(笑)

無用なファンサービスかえって白ける

f:id:burizitto:20210817214133j:plain
ジョーカーの生い立ちが、アメリカの格差社会を現わすとしたなら

私のもつジョーカーの生い立ちのイメージは

「捨てられ、虐待され、障害者で、貧乏で、可哀そうなワタシ」という

この作品とは真逆的格差の発想

 

大富豪の家に生まれジョーカーは、自分の富と欲のためには

人間の命を何とも思わない悪魔のような少年に育ち

オーメン(1976)のダミアンを更に悪くした

無差別大量殺人鬼にしたら申し分ない

あくまで私個人の勝手な想像なのだけど(笑)

f:id:burizitto:20210817214151j:plain
1981年のゴッサムシティ

ピエロの姿でセールの看板持ちのバイトをするアーサー(ホワキン)は

不良少年にからかわれ暴行を受けるような気弱中年男

私生活認知症の母の介護をしながら

突然笑いだしてしまう病気(トゥレット障害)のため

行政の福祉サービスでカウンセリングを受けています

f:id:burizitto:20210817214208j:plain
唯一の楽しむは、マレー・フランクリン(デ・ニーロ)が司会する

テレビのトークショーを見ること

いつか大物コメディアンになった自分、彼の番組に呼ばれ

インタビューを受ける姿を想像する

 

不良に襲われたアーサーに同情した同僚のランドル

護身用にとアーサーに拳銃を渡します

しかしその拳銃を、小児病棟での慰問中に落としてしまったことで

子どもたちは恐怖に怯え、当然事務所からはクビを宣告されます

f:id:burizitto:20210817214224j:plain
その帰り道、地下鉄の中で若い女性をからかう

酔っぱらいの3人の男を見たアーサーは、突然笑いの発作に襲われます

(行政の福祉に対する予算カットで薬がもらえなくなった)

そして今度はアーサーに絡んできた男たちを反射的に撃ち殺してしまうのです

f:id:burizitto:20210817214244p:plain
そのことは大々的にニュースになり

殺された3人男は「ウェイン産業」という大企業に勤めるエリートでした

そして「ウェイン産業」の社長、トーマス・ウェインは

昔、母が家政婦として働き世話になった男で

今でも施しを受けようとして手紙を送り続けていました(返事はない)

 

一方世間では、女性を助けるためエリートを撃ち殺したピエロは

英雄視扱いされ、街ではピエロの仮面を被った者たちが

デモを行うようになります

f:id:burizitto:20210817214302j:plain
ある日、母からトーマス・ウェインに出してほしいという手紙を

アーサーが盗み読みすると、そこに書かれていた内容は

アーサーはウェインとの間に出来た子であり

援助してほしいというものでした

f:id:burizitto:20210817214326j:plain
ウェインに会うため、彼の屋敷に向かうアーサー

ウェインの幼いブルースに声をかけると、警備員に見つかり追い出されてしまします

そこで直接ウェインを待ち伏せするわけですが

息子というのは母の妄想障害だと否定され、その証拠にアーサーは養子で

母は精神病でアッサム州立病院に入院していたと教えられ

 

アーサーが病院に過去の資料を調べにいくと

母と当時の母の恋人によって、自分は虐待されていたことを知る

家に帰ると容体の悪化した母が救急車に乗せられていました

搬送された病院でアーサーは母を枕で窒息死させます

f:id:burizitto:20210817214401j:plain
アーサーを心配してやってきた元同僚のランドルと小人症のゲイリー

そこでもアーサーはランドルを刺し殺し

ゲイリーには「やさしくしてくれたのは君だけだった」という

 

そして同じアパートに住むシングルマザーのソフィー

彼女感性が似ていて、自分のコメディセンスもわかってくれる

しかも美人でやさしくて楽しいし癒される

だけど彼女にとって、アーサーは顔を知ってるだけの隣人

f:id:burizitto:20210817214417j:plain
そんな時、テレビ局から取材の電話がかかってきます

突然笑いだすという芸がとてもウケたので

マレー・フランクリントークショーに出演して欲しいと

 

主演したアーサーに「なにかネタを披露してほしい」とマレー

そこでアーサーは「ジョーカーと呼んでくれ」と言い

ネタ帳を取り出し、地下鉄殺人の犯人であることを告白するのです

そして「病院に行ったほうがいい」と批判するマレーの頭を撃ち抜く

f:id:burizitto:20210817214438j:plain
確かにショッキングなシーンではあるけど、派手な見せ場だけで

ディア・ハンター(1978)ロシアンルーレット賭博のように

見る側とも駆け引きするような抑揚感はなし

 

アーサーは逮捕されるものの、街では暴動が起こりパトカーが激突

パトカーから脱出したアーサーは暴徒たちから歓喜で迎えられます

家族で舞台を見に来ていたウェインは、暴動を避け路地に逃げ込むと

追いかけてきた暴徒に、息子の前で妻と共に射殺されてしまう

f:id:burizitto:20210817214506j:plain
これって、いかにも続編ありき(笑)

 

「ジョーカー2」では、次にバットマンの生い立ちが描かれるのでしょうか

アーサーが養子だという書類は、実はウェインの権力によって偽造されたもので

アーサーとブルースは異母兄弟だった

「ジョーカー3」ではキャット・ウーマンの生い立ちが明かされ、妹だった

「ジョーカー4」では、お互い親を失い、心に傷を持った兄妹同士が

やがてわかちあい、アベンジャーズ

ネタ切れのハリウッド、シリーズ化で最初のストーリーが崩壊していくあるある(笑)

f:id:burizitto:20210817214457j:plain

アーサーが冷蔵庫に入るシーンは

1970年代まで、自閉症アスペルガー症候群などの子どもは

(生まれつきではなく)母親が子どもを冷たく突き放したり

厳しく教育する不適切な養育(=虐待)が原因と信じられていて

そのような母親が「冷蔵庫マザー」と呼ばれていたことからの引用

f:id:burizitto:20210817214543j:plain
ラスト、精神病院に入院させられるアーサー

マレーの決め台詞「That's life(それが人生)」と同じ

アーサーが口ずさむ(フランク・シナトラのヒット曲)「That's life

結局はこの曲の歌詞にすべてが込められていたのかな

f:id:burizitto:20210817214556j:plain
もちろん酷い作品ではないし、数々の名作に対するリスペクトも感じられる

ただ自分が、皆が言うほどの傑作だと思えなかっただけ

 

 

【解説】allcinema より

 いわゆるアメコミが原作の作品としては史上初となるヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞の快挙を果たした衝撃のサスペンス・ドラマ。DCコミックスのバットマンに登場する最強最悪の悪役“ジョーカー”に焦点を当て、コメディアンを夢みる心優しい男アーサー・フレックが、いかにして社会から切り捨てられ、狂気の怪物へと変貌を遂げていったのか、その哀しくも恐ろしい心の軌跡を重厚な筆致で描き出す。主演は本作の演技が各方面から絶賛された「ザ・マスター」「her/世界でひとつの彼女」のホアキン・フェニックス。共演にロバート・デ・ニーロ、ザジー・ビーツ。監督は「ハングオーバー」シリーズのトッド・フィリップス
 大都会の片隅で、体の弱い母と2人でつつましく暮らしている心優しいアーサー・フレック。コメディアンとしての成功を夢みながら、ピエロのメイクで大道芸人をして日銭を稼ぐ彼だったが、行政の支援を打ち切られたり、メンタルの病が原因でたびたびトラブルを招いてしまうなど、どん底の生活から抜け出せずに辛い日々を送っていた。そんな中、同じアパートに住むシングルマザーのソフィーに心惹かれていくアーサーだったが…。

テキサス(1966)

f:id:burizitto:20210815183508p:plain

原題は「TEXAS ACROSS THE RIVER

アクロス・ザ・リバー とは川の向こう側という意味で

ここではメキシコの国境と接しているテキサス州のこと

 

ドロンさまの西部劇初出演作でハリウッドデビュー作

しかし評判は悪く、その後もハリウッド映画に数本出演したものの

結局アメリカでの成功には至らなかったそうです

f:id:burizitto:20210815183528j:plain
私はそこまで悪い作品とは思いませんでした

女性にモテる軽薄そうな美男子姿は、ジェラール・フィリップ演じた

花咲ける騎士道(1952)のファンファンみたいで

騎士道よろしく剣を振りかざしたり、王子様ルックもGOOD

 

赤いシャツを川で洗っていると野牛が寄ってきて

上半身裸の闘牛ショーの始まるのは、可笑しいけど素敵すぎる(笑)

コメディセンスも抜群なんだなと思いました

f:id:burizitto:20210815183655j:plain

スペイン貴族のドン(ドロンさま)と西部のお嬢様の結婚式の日

婚約者のカレが結婚反対し、ドンと揉み合ううち

誤って窓から落下し死んでしまいます

 

殺人の濡れ衣を着せられたドンは

婚約者とテキサスで再会することを約束

逃げることにします

f:id:burizitto:20210815183721j:plain

テキサスにほど近い町でドンは逃走費用を稼ぐために

射撃の腕前を披露するショーを始めると

 

それを見たカウボーイのサム(ディーン・マーティン)は

このヘンテコな外国人が射撃の腕だけは超一流なのを見込み

コマンチからの用心棒としてドンを雇うことにします

そしてテキサスの開拓村を目指してコマンチの案内人と3

旅をするのですが、そこから

f:id:burizitto:20210815183553j:plain

毒蛇に咬まれたドンが、コマンチの美しい娘介抱してもら

イイ感じになったり

ドンを追いかけてきてコマンチに襲われた婚約者と

偶然知り合ったサムが婚約者に一目惚れしてしまい、言い寄ったり

どっちがどっちとくっつくの?という展開に(笑)

f:id:burizitto:20210815183611j:plain
ドンが娘とモカシンの開拓村に入ると

コマンチ族はドンが娘を誘拐したと勘違い

ドンは騎兵隊だけでなく、コマンチからも狙われることになります

 

ドンはコマンチからの決闘受けて立ち、コマンチの銃を撃つと

銃声を聞いた婚約者の幌馬車隊を率いるサムはドンを助けるため

コマンチの戦士たちはコマンチを助けるため乱闘になり

サムはお尻に矢を受けてしまう(笑)

f:id:burizitto:20210815183803j:plain
モカシンの開拓民はドンの勇気を称え

ドンに土地を与えることにします

ドンはコマンチの娘と野牛を飼いならそうかと相談しますが

その土地は「黒い水」が湧き出る土地でした

f:id:burizitto:20210815183816j:plain
一方のサムはあえて重症のふりをし

ドンの婚約者に看護してもらっていました

そこに婚約者が村にやって来ていることを聞いたドンが来て

ふたりの仲を疑ってしまう

おまけにドンがコマンチの娘といることを、サムが婚約者にバラしてしまう

ドンとサムは大喧嘩、決闘することになります

f:id:burizitto:20210815183830j:plain
そこに(テキサスがアメリカに統合されたため)ドンを追った

騎兵隊がやって来ると情報が入り

決闘は延期、再びドンは逃げることになり

コマンチの娘はドンについていくことにします

 

そのとき集結したコマンチの戦士たちが村を襲撃、火を放ちます

ドンは逃げるのをやめ、開拓民を守るため騎兵隊を呼びに向かいます

おかげでコマンチは去りましたが、ドンは捕らえられ死刑になることに

f:id:burizitto:20210815183842j:plain
婚約者は騎兵隊に当時の状況を詳しく説明し

ドンが無罪であることを証明します

釈放されたドンでしたが、次はサムとの決闘

しかしヨーロッパ式とテキサス式の決闘のし方の違いで揉めてしまい

結局殴り合いの喧嘩に(笑)

f:id:burizitto:20210815183900j:plain
すると婚約者とコマンチの娘も、男たちのことで

揉み合いの喧嘩を始めます

驚いたドンとサムはふたりを止めに入りますが

それは女たちが決闘を止めるため仕掛けた罠でした

 

ドンの婚約者はサムのほうを愛していることに気付き

コマンチの娘もドンと離れられなくなっていたのです

f:id:burizitto:20210815183913j:plain
サムたちが与えられた土地に戻ると

コマンチの案内人は墓穴を掘っていました

穴からどんどん湧き出る「黒い水」に呪われた土地だと言います

「こんな土地はコマンチに返して新しい土地に引っ越そう」とサム

すかさず「いらん」と返すコマンチの絶妙なタイミング(笑)

 

コマンチが英語を喋るとコマンチ象形文字?の字幕出たり(笑)

今だったら差別だとか、ハラスメントだとか攻撃されそうな

ゆるいユーモアやドタバタにに癒される

f:id:burizitto:20210815183933j:plain
日本では美男俳優の代名詞と言われたほど大人気のドロンさまだけど

アメリカではディーン・マーティンのほうが

俳優として歌手として司会者として大スターだったんですね

コマンチ族の医師にリチャード・ファーンズワース

主演していたのは嬉しい驚き

 

確かに傑作とは言えないし(笑)

極端なポリティカルコレクトネス主義の方にはオススメできませんが

f:id:burizitto:20210815183947j:plain
インディアンは昔の絵に書いたようなインディアン

ドロンさまはお茶目でチャーミング

女優は可愛い

西部劇が苦手な人や、ラブコメ好きの女性も楽しめると思います

 

 

【解説】KINENOTEより

ウェルズ・ルート、ハロルド・グリーン、ベン・スターの共同シナリオを「夜を楽しく」のマイケル・ゴードンが監督した西部喜劇。撮影はラッセル・メティ、音楽はフランク・デヴォールが担当した。出演は「サイレンサー 沈黙部隊」のディーン・マーティン、「名誉と栄光のためでなく」のアラン・ドロン、「シェナンドー河」のローズマリーフォーサイス、「荒野の3軍曹」のジョーイ・ビショップなど。製作はハリー・ケラー

これは開拓時代のアメリカ西部、テキサスに展開する物語である。

アパッチの怒り(1954)

f:id:burizitto:20210814182238j:plain

原題は「Taza, Son of Cochise」(ザ、コチーの息子

コチーズ(1805年頃から1874)とは

ジェロニモと共に、最も有名なアパッチ族の指導者のひとりで

アリゾナ州コチーズ郡は彼にちなんで命名された地名だそうです

 

西部劇としては異色で、アパッチが主人公で

アパッチ側の視点で描かれています

(演じているのが白人俳優なのはご愛敬)

f:id:burizitto:20210814182301p:plain
迫害され居留地に追いやられてしまったアパッチ族

白人と共に共存しようという穏健派と

あくまで抵抗しようという抗戦派に別れ

部族内の対立を露わとしているのも印象的

 

メロドラマの巨匠として名高いダグラス・サーク

自身のフィルモグラフィの中でもお気に入りに挙げている作品で

実はずっと西部劇を撮りたいと思っていたそうです(笑)

f:id:burizitto:20210814182325j:plain
セルジオ・レオーネサム・ペキンパーのような

溜息ものの面白さやインパクトはないものの

ジョン・フォードをエレガントで綺麗にした感じ

 

そして、内務省国立公園局の協力のもと

アーチーズ国立公園(もともとは先住民が住んでいた場所でもある)での

撮影が可能になったという美しい映像(夜なんて本当に真っ暗 笑)は

ジョン・フォードポイントのモニュメントバレーにも引けをとらない

カメラはラッセル・レティ

f:id:burizitto:20210814182348j:plain
1872年、アパッチのコチーズ酋長は

長年に渡った騎兵隊(米軍)との戦いを終え、講和条約を結びます
その3年後、コチーズは亡くなる

白人と和平の道を歩むという願いを込め、長男ターザを跡取りにします

 

しかしそのことは、白人に敵対心剥き出しの弟ナイチ

長老イーグルらと(ターザは父親ほど影響力がないのだろう)

対立してしまうことになるのです

f:id:burizitto:20210814182337j:plain
しかもナイチ率いる抗戦派が幌馬車を襲い白人を殺してしまったことで

騎兵隊と一発触発の危機に陥ってしまいます

もし戦争になったら、武力で軍隊にかなうはずがない

ターザは居留地を管理するバーネット大尉を説得し

居留地に住むアパッチはアパッチ自らが取り締まると

自分が責任者になることで戦争を回避します

 

史実上でも、アパッチ族の戦士の中には

インディアン斥候(せっこう)隊として米軍に協力し

敵対部族や、時に同じアパッチ族とも戦ったそうです

f:id:burizitto:20210814182412j:plain
居留地に再び平和が訪れたわけですが

族長の証の羽根を捨て、白人の騎兵隊の軍服を着たターザのことを

快く思わない部族も多くいました

 

そこに白人に反抗的なことで有名な

戦士ジェロニモの一族が居留地に送られてきたのをきっかけに

再び反乱の機運が高まってしまいます

f:id:burizitto:20210814182425j:plain
実の弟と白人との和平との間の板挟み

しかもターザを心配するあまり、恋人のウナが

(ターザと付き合っていることで父親から虐待を受けている)

「戒律を無視して駆け落ちしましょう」言い出す

 

そこでターザはウナの父親にウナとの結婚を申し込みに行きますが

ウナの父親から、ウナは弟のナイチと結婚すると告げられてしまいます

f:id:burizitto:20210814182440j:plain
父の意思を継ぐことが一番だと信じていた

だけど本当に守るべきものが何なのか、判らなくなってくる

 

1934年から映画の仕事に携わってきたサークは

ドイツ生まれのデンマーク人で、奥さんはユダヤ

そこでナチスユダヤ人への弾圧から妻を守るため

1937年、アメリカに亡命したんですね

 

そんなことを知ってみると

この映画をまた違った角度から

見ることが出来るかも知れません

f:id:burizitto:20210814182457p:plain
ジェロニモらが居留地から脱走してしまい

騎兵隊が攻めてくることを知ったターザは

バーネット大尉に、騎兵隊の出動は多くの部族を刺激し

新たな戦いのきっかけになる、やめるべきだと忠告します

ジェロニモは自分たちが追う

 

しかしバーネット大尉が送った電報に対する本部からの返答は

斥候隊は拘束し、ジェロニモ一派を掃討しろという命令でした

f:id:burizitto:20210814182520j:plain
怒ったターザは軍服を脱ぎ捨て、見張りを殺し逃走しますが

弟やジェロニモに加勢するわけではなく(笑)

結局はバーネット大尉の味方としてジェロニモを説得し

騎兵隊との停戦を交渉

 

ジェロニモの指示に従わなかったナイチは射殺されてしまい

弟の死体に駆け寄り悲しむターザ

なのに再び軍服を着て、ウナに「弟の影は去った 私の妻だ」って

オイオイ(笑)

f:id:burizitto:20210814182622j:plain
白人とアパッチの関係って、現代でいえば悪徳政治家と

苦しい生活を強いられる庶民のようで

 岩山でのジェロニモと騎兵隊の戦いには

反体制派にも共感してしまう熱いものがあったけど

 

結局、白人(=善人という考え)のほうが正しいというラストは

ちょっと残念だったように思います

 

 

【解説】映画.COMより

ジェラルド・ドレイソン・アダムスの原作をジョージ・ザッカーマンが脚色、「悲しみは空の彼方に」のダグラス・サークが監督したアパッチ・インディアンが主人公の西部劇。撮影監督はラッセル・メッティ、音楽は「裏街(1941)」のフランク・スキナー。出演は「恋人よ帰れ」のロック・ハドソン、「逢うときはいつも他人」のバーバラ・ラッシュ、それにグレッグ・パーマーなど。製作はロス・ハンター。テクニカラー、スタンダードサイズ。1954年作品。