ランボー(1982)




10代の頃一度見ているのですが
今見ても意外と面白かったですね。

アプローチは「夜の大捜査線」のようで
たまたま友人を訪れた町で
警察からまるで犯罪者のように
理不尽な対応を受けてしまうのです。

「夜の・・」はラストで和解しますが
こちらは最後の最後まで虐げられる。
ランボーは山にこもり、サバイバルナイフひとつで
戦うことになります。

単なるアクション映画というだけでなく
ベトナム戦争での後遺症、人種差別・・
寡黙な男が自分の気持ちを告白する
ラストにはジーン・・ときてしまいました。

この作品が過小評価されているのは
チャーリー・シーンがコメディ化してしまったからとしか思えない(笑)

森の中では戦い、食い、とことん強いけれど
町に出たらこんなにも弱い社会不適応者。
ベトナム戦争の帰還兵の中には社会生活に馴染めなくなり
本当に山でサバイバル生活をした人たちが何人もいたそうです。

続編はともかく(笑)
このシリーズ一作目は大人の鑑賞にも値する
上出来なアクション映画なのではないでしょうか。



【解説】allcinemaより
 アメリカ北西部の小さな町を訪れた元グリーン・ベレーの隊員が、地方警察のいわれの無い仕打ちに絶えかね逆襲に出る。ベトナムで会得した戦術を駆使して、1対多の戦闘を見せる展開はアクション物としては及第。周囲から孤立して行く戦場帰りの男の悲哀も程良い味付けになっている。原題の“最初の血”には“どちらが先にしかけたか”の意がある。