きっと、うまくいく(2009)




インド映画は長いので、見るのを避ける傾向にあるのですが(笑)
アマゾンプライムビデオでほとんどの人が★5と
高い評価だったので見てみました

インドでは「マサラシステム」上映といい
劇場内で観客が踊って歌って
しまいにはクラッカーまで鳴らして鑑賞するので
3時間はないとだめなのだそうです

まるでお祭りみたいですね(笑)
一度は体験してみたいものです

劇中幾度も歌われる「Aal Izz Well」(アール・イーズ・ウェル)は
もちろん「All is well」
原題の「3idiots 」(3人の愚か者、3バカ)ではなく
こちらを「きっと、うまくいく」と邦題にしたのは成功だと思います


物語はICE工科大学で学んだ三人の学生たちの青春&人情コメディ
動物写真家となって活躍中のファーランと
一流企業で働くラージューは

超エリート大学ICEで同期だった
超真面目で、ガリ勉だったサイレンサーから呼び戻され
大学時代の友人ランチョーを探す旅に出ます

何をしても、お堅いサイレンサー
超人ランチョーにいたずらされ、恥をかかされた夜
10年後にどちらが偉くなっているかを賭けをしていたのです
その結果が知りたい


学生時代のランチョーとファーランとラージューは
規律を押しつける学長と対立しいたずらばかりしていました
そのうえランチョーは学長の娘ピアに恋していて
学長から怒りを買っています

ある夜、ランチョーがピアに告白に行ったとき
学長の家の玄関に放尿するといういたずらをしてしまい
ラージューは学長から退学を言い渡されます

学長からランチョーの責任にすれば退学を取りやめると言われ
親の期待と友情の狭間でラージューは自殺未遂
意識不明になったラージューを必死に励ます
ランチョーには感動します
たとえそれが嘘八百の励ましでも(笑)





インドでは貧富や学歴の差
社会人になってからの競争社会での落ちこぼれ
そして好きな人と結ばれないという理由で
自殺する若者がとても多いそうです
そんなインドの社会問題にも触れつつ

「なんのために勉強するのか」
「自分の夢や理想を追うのは悪いことなのか」という
素朴な疑問を投げつけてきます

厳しい就活を乗り越えるラージュー
両親にカメラマンになると告げるファーラン
ファーランのお父さんが就職のために買ったパソコンを
プロ用のカメラに買い替えようとする場面は
とてもいいシーンです





常識破壊者がまわりの人々を感化してハッピーにしていくのは
男はつらいよ」や「無責任シリーズ」のような構造ですね
そこに「ワンピース」のノリと、歌と踊りが入ります
誰もが共感しやすいスタイル、

三人の悪ふざけも、結婚寸前のピアを連れ出すのも
ランチョーが400の特許を抱える発明家というのも
やりすぎはかなり多いですけれど(笑)

誰でも学歴社会や競争社会に疲れたり
希望を失う時があるでしょう
そんなとき励ましてくれるパワーフレーズがある
そんな作品ではないかと思います



【解説】allcinemaより
映画大国インドで歴代興行成績ナンバーワンに輝く感動の社会派ハートウォーミング・ストーリー。エリート大学に合格した超天才の自由人ランチョーと2人の親友ファランとラージューが、強権的な学長と対立しながら繰り広げるハチャメチャ学園生活の行方と、ファランとラージューが音信不通となったランチョーの消息を辿る10年後の物語を、学歴偏重社会への風刺を織り込みながらユーモラスかつ感動的に綴る。主演はインドで絶大な人気を誇る演技派スター、アーミル・カーン。共演にR・マドハヴァン、シャルマン・ジョシ、カリーナ・カプール
 超難関の名門工科大ICEに入学したファランとラージューは、そこで超天才の自由人ランチョーと出会う。彼らは、一緒にバカ騒ぎを繰り返しては鬼学長の怒りを買い、いつしか“3バカ”として札付きの問題学生となっていく。そんな中、ランチョーは天敵である学長の娘ピアと恋に落ちるが…。時は流れ、3人が卒業してから10年後。ファランとラージューは、行方知れずのランチョーの消息を知っているというかつての同級生と再会する。そして彼とともにランチョーを探す旅に出るのだが…。