コラテラル(2004)





ヘリから撮影されたロスの壮観な夜景が素晴らしく
冒頭は「タクシードライバー」のように
ダークな展開が繰り広げられるのではとワクワクしましたが

凄腕殺し屋であるはずのトム・クルーズ
最初のひとり目の殺人からものすごく手際悪いし
プロと思えないほど無関係な人まで殺しまくるし
無駄に物は破壊するし
後半での存在は「ターミネーター」にすら近くなっています(笑)

しかも、ただのタクシー運転手が殺し屋と相対峙するほど
強くなってしまうとは(笑)
ここは弱い男がどうしたら勝てるのか
脱出できるのかと知恵を絞り出し
アイディアで勝つというのが王道というもの





トム・クルーズの悪役が「ウリ」という作品ですが、ただそれだけ
あの顔は殺し屋には見えませんし
演技もジェイミー・フォックスの(強くなる前の普通の運転手の)
のほうがあきらかにいい

カメオで一瞬出演していたハビエル・バルデムが殺し屋やったほうが
よほど恐怖を掻き立ててくれたでしょう
(本当に怖いだろうな 笑)


どうせなら思い切り、お間抜けヒットマンのコメディにするか
デ・ニーロとかステイサムに憧れるタクシードライバー
「もしも〇〇だったら・・」系妄想アクション映画にしたほうが
よほど面白くなったでしょう


良いシーンもたくさんあったので、惜しい作品ですけれど
ツッコミ系です



【解説】allcinemaより
 ハリウッドのスーパースター、トム・クルーズが本格的な悪役に挑んだクライム・サスペンス。不幸にもプロの殺し屋を乗せてしまったタクシー運転手が巻き込まれる壮絶な悪夢の一夜を緊張感溢れるタッチでスタイリッシュに描く。共演は「アリ」のジェイミー・フォックス。監督は「アリ」「ヒート」のマイケル・マン
 ロサンゼルスでタクシーの運転手を12年間勤めながら平凡な毎日を送っているマックス。ある晩、アニーという名の女性検事を乗せいい雰囲気なり、名刺までもらって上機嫌のマックス。次に乗せたのはビジネスマンと思しき紳士。ヴィンセントと名乗ったその男は、多額のチップと引き換えに一晩の専属ドライバーとなり、今夜中に5箇所を回るようマックスに依頼する。しかしヴィンセントの正体はプロの殺し屋。麻薬組織から5名の殺害を請け負っていたのだった。そうとは知らず最初の目的地に着いた後もそのまま彼の帰りを待つマックスだったが…。