ニューヨーク1997(1981)




意外と楽しめましたね
確かに古さは感じましたけど(笑)
(・・・カセットテープ)

アクション・エスケープもののB級映画
だけど監督の、映画ファンへのサービス精神が
本当によく感じられます


キャラがいい
特に、デュークの部下のパンク頭男はセンスがいい



マンハッタンが囚人島というアイディアもいい
シャンデリア・カーの悪趣味さも最高
トゲトゲバット

エア・フォース・ワンが囚人島に墜落
サミットまでの24時間以内に大統領を救出せよと
囚人のひとり“スネーク”・プレスキン(カート・ラッセル)は
刑務所長に命じられます

しかも頚動脈に24時間後に爆発する小型爆弾を注入され
救出できなければ爆破すると脅されるのです

世界貿易センターにグライダーで向かったスネークは
大統領を人質にしているニューヨーク公
デュークに逢うため行動します

しかし、スネークはあまりは強くもなく
デュークもそれほど残忍でなく
結局、一番のワルは大統領でした

正直、内容はあまりなかった気もしますが(笑)

遊星からの物体X」もそうだけれど
この頃のジョン・カーペンター監督の作品は
なぜか引き込まれてしまいますよね

私は面白かったです
アーネスト・ボーグナインは殺さないでほしかったけど



【解説】allcinemaより
近未来、巨大な刑務所と化したマンハッタンに大統領専用機が墜落。元特殊部隊出身で終身刑のスネークは恩赦と引き替えに大統領救出に向かうが、残された時間は24時間しかない。ニューヨークをまるごと監獄に変えてしまったアイディアと、主人公を始めとしたユニークなキャラクターたちで、今なお根強い人気を誇る傑作SFアクション。特撮スタッフに若き日のジェームズ・キャメロンが参加している事でも有名。96年には遂に待望の続編「エスケープ・フロム・L.A.」が完成した。