マッチポイント(2005)

 
今までのサスペンスを裏切った
予想外のラストはとても良かった
 
誰もがあの指輪が橋の欄干に当たり
川底に沈まなかったことで
その後の展開を予測したでしょう
 
でも、違った
 
人生のマッチポイント
本当の犯人は見事な偶然で罪を逃れます
結局はやはり金と名声を持つ者が強運を持つのが現実なのです
 
それが、幸せなのか
満足なのかどうかは、別にして
 
プロテニスプレーヤーだったクリスは
セレブご用達のテニス・スクールのコーチとなります
そこで大金持ちのトムに気に入られ
トムの妹クロエと付き合うことになるのです
 
クロエのコネで大企業の仕事を与えられ
高収入な優雅な暮らし
 
だけど、クリスが心を奪われていたのは
トムの婚約者であるアメリカ人女性、ノラでした
 
アプローチは「太陽がいっぱい」というところでしょうか
でも違う
まやかしの知性でごまかすのは似ているけど
 
クリスが持っているのは「野心」ではないのです
「欲望」「欲情」、その一方で「安定」・・
それは男の性(さが)
 
はじめは、男を虜にするスカヨハの
若くて艶めかしい肉体、セクシーさに夢中になります
 
だけれど、やがてその色気が
女が、快感が、鬱陶しく邪魔になる
 
妻である、クロエの控えめな聡明さの安心に気が付き
結局は面倒のない生活に戻ろうとするのです
 
最低の男
でも、これが現実
 
アレン作品として、評価はされてはいないようです
でも、私は男女の本質をとてもよく捉えていると思いました
クロエのお母さんの言うセリフもいちいちもっともですし(笑)
 
迷うところですが
私はやはりアレン監督と相性がいいのかな
 
これが、アレン風サスペンス
お気に入りで(笑)
 

 
【解説】allcinemaより
ウディ・アレン監督がホームタウンのニューヨークを離れ、初めてロンドンで撮影を行なったラブ・サスペンス。イギリスの上流社会を舞台に、欲望や愛憎渦巻く人間関係の中、“運”に翻弄される人々の姿を濃密かつスリリングに描く。主演は「ベルベット・ゴールドマイン」「M:i:III」のジョナサン・リース・マイヤーズ。共演には、圧倒的な存在感でウディ・アレンの新たなミューズとして次回作への出演も決定したスカーレット・ヨハンソン
 イギリス、ロンドン。元プロテニス・プレイヤーのアイルランド人青年クリスは会員制テニスクラブのコーチとして働き始める。英国の上流階級に憧れる彼は、やがて実業家の息子トムと親しくなり、その妹クロエと付き合い始める。ところがそんなある日、クリスは女優を目指すアメリカ人女性ノラと出会い、彼女の官能的な魅力に溺れていくのだが…。