座頭市(2003)





武さんの座頭市

勝新さんに比べてしまうと
確かに殺陣の演技不足に迫力不足は隠しきれませんが
ちょっとおちゃめな市キャラはそれなりに好感が持てました。

解りやすく、見やすく、ちょっとギャクあり。
不覚にも超悪人役の岸部一徳さんの変顔には吹き出してしまったし
タカさんが剣の修行のシーンでポコスカ殴られるのも大うけ。

この展開は「少年ジャンプ」で連載されてもいいくらい。
斬鉄剣か?という、ありえなさも
キャラが金髪で銀眼なのも
タップダンスのフィナーレも漫画っぽく感じましたね。

なので座頭市ファンだけでなく
外国人からでも
小学生からでも楽しめる
そんな時代劇にうまく仕上がっていると思います。

市の最大の魅力といったらなんといっても
絶対負けないその徹底的な強さ。
目が見えていない分、四方八方どこから現れた敵も
一瞬で倒してしまう姿には爽快感を覚えてしまいます。
悪い奴らをひとり残らず退治してくれるのです。
この先平和がやってくる・・
そんな安心感を我々にもたらせてくれます。

欲を言えば、もう少し浅野信忠さんに凄みがあって
芸者の姉弟の演技がもう少しうまかったら
もっと見応えがあったかな?笑

だけど最後まで気分よく見終われる映画。
座頭市」と「丹下作善」、このふたりの時代劇ヒーローは
ただ強いだけでない、人間的な魅力がとても大きい。

みんな惚れちゃうよね。



【解説】allcinemaより
 勝新太郎の代表作「座頭市」を、長年の念願でもあった北野武監督が映画化。監督自ら考案・指導したスピード感と迫力に満ちた殺陣をはじめ、独自の解釈と工夫で描くエンターテインメント・アクション時代劇。主演はビートたけし。共演に浅野忠信岸部一徳柄本明らベテラン、実力派俳優が脇を固める。2003年ベネチア国際映画祭コンペティション部門正式出品作。
 その日、訳ありの三組が同じ宿場町にやってきた。一人は金髪で朱塗りの杖を持ち、盲目の居合いの達人・座頭市。もう一組は浪人の服部源之助とその妻おしの。殿様の師範代という身分を捨てた服部は、病気を患う妻のために用心棒の職を探していた。さらにもう一組、旅芸者のおきぬとおせいの姉妹。彼女たちの三味線には人を殺めるための仕掛けが施されていた。それぞれに影を秘めた三者の皮肉な運命の糸は、町を仕切るヤクザの親分・銀蔵と大店の主人・扇屋を介してついに交錯、やがて因縁や怨恨の入り交じる壮絶な闘いが幕を開ける。