最強のふたり(2011)


 
 
面白かったですね。
冒頭でアース・ウィンド&ファイヤーの曲がかかり
車を暴走させるシーンからぐっと惹きつけられます。
 
パラグライダーの事故により首から下が不随になってしまった
車いすの大富豪フィリップと
彼を介護することになった、教養も家もないけれど屈強な黒人のドリス。
 
ドリスの素行の悪さや、障害者ネタのジョークに最初はとてもヒヤヒヤしましたが
それを受け入れるフィリップの度量の大きさと
何事にも物おじしないドリスの快活さに
だんだんと心地よい気持ちになってきます。
 
オペラで「木が歌ってる!」と大笑いしたり
「鼻血ブー」の高価な絵画に影響受けて
自分も油絵を書きはじめたりするドリスは微笑ましい。
 
娘に躾をしたほうがいいと訴えたり
フィリップの恋を取り持とうとしたり
裏表なく正直に行動することに好感がもてるのです。
 
フィリップの娘のカレにヘアバンドをさせてクロワッサンを届けさせるのには
とても胸がスカッとします・・クロワッサンなのに!笑
 
お金はあるけれど身体が不自由で偏屈で孤独な男と、前科付きの移民青年。
ふたりとも、本来ならば世間から疎まれる立場でしょう。
しかしふたり一緒ならば最強になれるのです。
心の中では自分を馬鹿にして笑っている奴らを、見返すことができるのです。
 
うわべだけの同情ならむしろ無用。
ドリスが持っていたもの、それは心のバリアフリー
 
フィリップの助手であるイヴォンヌの人柄も良かったですね。
優しい雰囲気があって作品に癒しをあたえてくれました。
 
実話なんですね、素晴らしい物語だと思います。
特にオペラのシーンがもう最高。笑
お気に入りで。
 

 
 
【解説】allcinemaより
主演2人の演技が世界中で絶賛された感動のヒューマン・コメディ。実話を基に、首から下が麻痺した大富豪の中年男と、ひょんなことからその介護人となったスラム出身の黒人青年が、互いの境遇の違いを乗り越えて真の友情を育んでいく姿を、ユーモアを織り交ぜハートウォーミングかつエモーショナルに綴る。主演は「主婦マリーがしたこと」のフランソワ・クリュゼと「ミックマック」のオマール・シー。監督はこれが長編4作目となるコンビ、エリック・トレダノオリヴィエ・ナカシュ
 パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった大富豪のフィリップ。彼の新しい介護人募集の面接にやってきたのは、いささか場違いな雰囲気の黒人青年ドリス。スラム街に暮らす彼の目的は、失業手当をもらうための不採用の証明書だった。周囲の憐れみの同情と腫れ物に触るような態度に辟易していたフィリップは、そんなドリスのふてぶてしい態度に興味を抱き、思いつきで採用してしまう。ドリスには介護の経験がないばかりか、趣味や生活習慣にいたるまで互いが歩んできた世界はまるで水と油。いつまで持つかと思われたが、障がい者相手にも遠慮することなく本音で接するドリスは、他の誰よりもフィリップの心を解きほぐし、いつしか2人は固い絆で結ばれていく。