邦画・恋愛/青春

ホワイトラブ(1979)

百恵&友和第10作目の記念映画のオリジナル・ストーリーを一般公募し 受賞作を藤田敏八と小林竜雄が脚色 今までの文芸的な作風とはうってかわって 外国語教室、品川ナンバーのオープンカー 業界でスタイリスト、商社勤務、シングルマザー インスタント食品、…

風立ちぬ(1976)

堀辰雄の同名小説の映画化 作中にある「風立ちぬ、いざ生きめやも」(風が渡っていく、さあ生きていこう) という詩句、はポール・ヴァレリーの詩『海辺の墓地』の一節 「Le vent se lève, il faut tenter de vivre.」を堀本人が訳したもの 「私」の婚約者、…

若い人(1962)

「ああいう苦しみを持った子に弱いんです」 原作は石坂洋次郎の同名小説 原作では高校教師の主人公は偽善性や卑怯さを持った 典型的な日本人男性の心情が描かれているそうですが 裕次郎にドロドロ感はなく、あくまで爽やか(笑) 女子生徒からの愛情を受け止…

太陽の季節(1956)

原作は石原慎太郎原作の同名小説 文壇的には反対派が多かったものの芥川賞受賞、翌年には映画化され その後「処刑の部屋」「狂った果実」も映画化され大ヒット 「太陽族」という流行語が生まれ、活字メディアより 映像メディアによって作家が有名なった最初…

ぼくらの七日間戦争(1988)

宗田理の同名ベストセラー小説の映画化 原作は家出した中学生たちが廃工場にたてこもり 日本大学全学共闘会議をまねて 校則で抑圧する教師や勉強を押し付ける親に反旗を翻す・・・ というというストーリーということ ちなみに「戦車」は出てこないそうです(…

潮騒(1975 昭和50)

「少女の目に矜(きょう)がうかんだ 自分の写真が新治を守ったと考えたのである しかしそのとき若者は眉をそびやかした 彼はあの冒険を切り抜けたのが自分の力であることを知っていた」 吉永小百合+浜田光夫 (1964年 昭和39)版は見ています どちらも昭和…

Wの悲劇(1984)

「女、つかいませんでした?」 これも凄い映画でした イキナリ薬師丸ひろ子の処女喪失シーンとか 三田佳子の愛人がホテルで腹上死とか(笑) でも私が見た角川映画の中では、もちろんツッコミどころはありますが(笑) 筋は通っているほうだと思います 劇中…

セーラー服と機関銃(1981)

「生まれて初めての口づけをおじさんにあげてしまいました 私愚かな女になりそうです 」 凄い映画でした(笑) 80年代スーパーアイドル、薬師丸ひろ子を相手に セーラー服の下に何も着ていないおなかのチラ見せ 露出多めの部屋着姿のブリッジ、四つん這いで…

時をかける少女(1983)

「ひとが現実よりも理想の愛を知ったとき それはひとにとって幸福なのだろうか? 不幸なのだろうか?」 子どもの頃、NHKで放映していた「少年ドラマシリーズ」 同年代の子どもたちはみんな見ていた人気番組でした 「タイムトラベラー」(1972)もその中の作品…

若草物語 (1964)

4人姉妹の物語ですがオルコットの「若草物語」(映画は1949年版が有名)ではなく谷崎潤一郎の「細雪」に近いようで遠い(笑)姉妹のうち次女と三女がひとりの男性を慕いあう青春ストーリー 東京オリンピックの年のトレンドを見れるのは面白い学生運動、飛行…

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。(2016)

タイトルだけで内容が丸わかりですけれど(笑)原作はなんと台湾の人気ブロガー、リンさんの発信していたブログどうしよう・・私の「星屑シネマ」も映画になったら映画マニアな美人妻のほのぼの日常雑誌「マート」で特集され、手料理から愛猫の寅ちゃん、リ…

3月のライオン 前編・後編(2017)

「風と共に去りぬ」(1939) 222分「ベンハー」(1959) 212分「アラビアのロレンス」(1962) 207分「ゴッド・ファーザー」(1972) 177分 などなど3時間超えの名作は数あれどそれらを超える278分なんと4時間半の大作いくら長くても悪くはない、悪くはないですよ・…

タイヨウのうた(2006)

「かっこよくない優しさに会えてよかったよ」XP=色素性乾皮症(欧米では「ムーンチャイルド」と呼ぶ)日本における色素性乾皮症患者は、約500人皮膚の露出部が紫外線にあたると紅斑や水疱が発生し、火傷のようになり損傷を受けた遺伝子が修復されないため皮…

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016)

「また会えるよ またね また明日ね」見る前から、タイトルでネタばれしていますが(笑)老人として生まれた男性がだんだん若返る(肉体が時間と逆行する)「ベンジャミンバトン」(2008)という映画もありましたこちらはパラレルワールドもので、お互いの時間の…

愛のむきだし(2008)

3時間57分の、R-15指定映画ということで私のレビューもR-15指定yahoo!ブログから記事が削除されてしまうかも(笑)タイトルに入るまでだけでも1時間以上の長尺ですが内容はいたってストレート童貞男子が自分のマリア様を探す旅愛はパンチラ!愛は勃起…

ストロベリーショートケイクス(2006)

溝口健二がもし現在に存在していて撮ったなら面白くなったかも知れないですけど(笑)鬱も、エロも、女同士の確執も好きなテーマですが全く共感できず(笑)自分で作り出している、不幸な自分に酔っている依存症の女にしか見えませんでした彼氏にフラれた里…

百円の恋(2014)

「立てよ!この負け犬!!」優れた脚本家を発掘するために、2012年から実施された「松田優作賞」その第一回目のグランプリ、足立紳さんの応募作を映画化したものちなみに「松田優作賞」の募集内容は映画作品を想定したオリジナル脚本が対象原作を脚色した作…

野菊の墓(1981)

「民さんは野菊のような人だ」「政夫さんは、リンドウの様な人だわ」80年代を代表するスーパーアイドル松田聖子ちゃんどうせただのアイドル映画だろうと期待していませんでしたが意外にも映画としてきちんと作られていていましたむしろ予想以上に良かったと…

植物図鑑 運命の恋、ひろいました(2015)

「わかれる男に花の名前を1つ教えておきなさい 1年に一度必ず咲くから」川端康成原作は未読ですが、人気ランキングで1位になったりずいぶんと話題になったので鑑賞してみました10代20代を対象年齢としたようなポップな質感「お嬢さん、よかったら俺を拾って…

麦子さんと(2013)

「私、お母さんに酷いこと言ったんです」大した話ではないのですが、爽やかな感動作過去に「親不孝」をした経験のある人ならばきっと胸が痛むのではないかと思います主演の堀北真希さんが壮絶に可愛く、演技こそあまり上手くないのですがそのことがベテラン…

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993)

夏学校のプール花火大会好きな女の子男性というのは過去の思い出から脱却できないのだな岩井俊二監督の頭の中を覗いた気分になりこちらのほうが恥ずかしくなりました(笑)泳ぎで勝った方を花火大会に誘うと決めていたナヅナ(奥菜恵)ユウスケが勝ち誘われま…

汚れた英雄(1982)

角川春樹の初監督作品角川は映画という「商品」を売ったという意味では偉業をなしたと思いますその角川春樹が商売だけではあき足らず、メガホンを取ったのがこの作品最初の1時間は当時のカッコイイと思わせるものを寄せ集めたダイジェスト版のような映像が…

スローなブギにしてくれ(1981)

want you 俺の肩を 抱きしめてくれ〜♪オープニングの高速道路を走るシーンで使われている南佳孝さんが歌う主題歌がいいですね音楽がいいと映画に引き込まれます片岡義男氏の書籍と「角川映画」との連動企画当時20歳の浅野温子さんが武井咲ちゃんにそっくりで…

のだめカンタービレ 最終楽章 前編(2009)後編(2010)

イキナリ最終楽章(笑)ここまでの展開は全くわかっておりませんコミックが原作ということで、作品のほうも漫画チックでしたねなんちゃってティンカーベルや森の動物たちがドラマを盛り上げそれなりにうまく融合していたと思います特にカレーのシーン!この禍…

スウィングガールズ(2004)

とにかく、ラストの演奏に感動こんなふうになにかやり遂げられたらそんな想いがこみ上げる作品吹奏楽部の生徒たちが食中毒になってしまいます勝ち進んでいる野球部の応援をするため急きょ部員を募集することにやって来たのは補習を逃れたい友子(上野樹里)…

就職戦線異状なし(1991)

異常なしというより異常ありすぎでしょう(笑)しかも笑えるほどのコメディでもありません(西部戦線異状なしに謝れ)いくらバブル期の売り手市場だからといって若者があまりにバカすぎますうちの中学生だって、大人に対してこれよりはもっとマトモな言葉を使…

私をスキーに連れてって(1987)

ユーミンの「ブリザード」がとてもマッチしていますユーミンの曲って冬のイメージ(そして広瀬香美ね)ゲレンデに行くと男はみんないい男女はみんないい女に見えるよね真っ白な雪山マジック!主人公ふたりが恋に落ちるのもわかる魔法にかけられるのです(笑)…

武士道シックスティーン(2010)

誉田哲也さんってグロい小説しか知らなかったのですけれどこんな爽やか高校生ストリーも書くんですねえ。さすがプロでございます。笑武蔵と小次郎の敵討ちが元ネタなのかしら。笑「巌流島の戦い」女子高生現代版というところ。強くなること、試合で相手に勝…

彼女が水着にきがえたら(1989)

「彼女が水着に着替えたら」なんとなく好いタイトルですよね。何か楽しいことがありそう、ワクワク感があります。全編に流れるサザン・オールスターズの80年代のヒット曲。時代はボディコンに紺ブレ。笑肩パット入りのスーツにミニスカートにハイレグの水…

ピンポン(2002)

「お帰り、ヒーロー」楽しめました。原作の漫画は昔読んでいます。松本大洋さんの独特のキャラをよく表現できていましたしイメージを壊さず2時間という枠によくまとめたな、と思います。ペコとスマイルは同じ高校の卓球部。サボってばかりで、あまり真面目…